FC2ブログ

講師の独り言

エンジェルリング
11 /13 2018
ペンダントブローチ

こちらは、ベテランの生徒さんが、CADで作られたペンダント&ブローチですが、今回は、ちょっと変わったテイストで、作ってみようか?と相談してからデザインを決めて貰いまして、新品なんだけど、すこし懐かしい感覚も味わえる仕上がりに成ったと我々は、思っておりますが、他の人から視点は、また違うのかも知れません。(^^♪

マルチカラーペンダント

こちらは、比較的に新しい、CADの生徒さんですが、先ずは、五個のワックスコースにて、基本的なジュエリーの立体感を養って頂く為に作って頂いたペンダントですが、デザインは、御自分で、なされました。この生徒さんは、プロのグラフィック・デザイナーさんなので、一般の方とは、また違った視点をお持ちで、個性的な作品に仕上がったのだと思えます。

プチペンダント

こちらは、彫金(手作り)メインの生徒さんの作品で、ジャンル的には、プチペンダントと成りますが、手作りならではの繊細な構造に成っておりまして、ココまで出来たら一般的な商品と比べても遜色無いと思われます。

マンダリンオレンジ

ベテランの生徒さんのCAD作品に成りますが、IJK で、購入されたスペサタイト・ガーネットを18金のリングに仕立てられましたが、今まで、この手の色身は、マンダリン・オレンジだと思ってましたが、海外では商業名として、ファンタ・オレンジと呼ばれていると初めて、知りました(笑)。。

ローズカットリング

こちらもベテランの生徒さんのCAD作品ですが、おおぶりなローズカットの合成ルビーをメインに両脇には、天然のルビーをあしらって、存在感の有るリングに仕上がったと思いますが、ちょっとレトロなイメージも有りまして、エジプシャンなリングなんじゃ?などと完成後に盛り上がった次第です。。

一文字リング

教室の最年少若手男子君の石留め(スクエア・カット石)の課題リングですが、地金からの手作りで、スクエアは、ラウンドの石と比べると飛躍的に難易度の上がる作りと成っておりますが、流石にプロが作ったみたいに整っては、おりませんが、初めてにしては、大変良く出来たと思います。

生徒さん用加工机

これは、加工机と呼ばれる彫金(手作り)用の机ですが、生徒さんに使って頂いている机でして、基本的にエンジェルリングでは、生徒さんにもプロと同じ環境で、作業して頂く事を念頭に置いておりまして、より良い技術の習得には、より良い環境や設備も必要な事だと考えております。

と言う訳で、久々に生徒さんの作品を、ご紹介しましたが、他にも色々と作られてまして、またブログ映えする画像のストックが貯まったら(笑)、御紹介したいと思いますので、お楽しみに~。。(^^♪

彫金教室エンジェルリングへのリンク

ogura

ジュエリー制作者として働く傍ら神戸市東灘区で、ジュエリー CAD も、お教えする彫金教室エンジェルリングを主宰しております。このブログでは教室からのメッセージやジュエリー&彫金情報に生徒さんや作家さん達の作品などをご紹介しております。57歳男性、4年間のアメリカ留学も入れると作り手としてのキャリア35年なんだけど、まだまだへなちょこ。(^^♪