エンジェルリングからのメッセージ

エンジェルリング通信
05 /25 2017
エンジェルリング

1987年の春にアメリカ留学を終え現地を離れる際に「何時か?アメリカで学んだジュエリーに纏わる様々な事を、お教え出来る場所を日本で立ち上げたい。」と思いました。その時には漠然とした感覚でしたが、それから12年後に地元神戸に彫金教室を立ち上げました。教室を始めた当初は一般の方々への指導法も不確かで色々とご不便もお掛けしましたが、数年後には基幹と成るカリキュラムも完成し、その後には多種多彩な作り手達を輩出出来たと自負しております。

教室を始めてから今年で18年目と成ります。その間に自分の持つ知識や技法の多くを多数の方々へお伝えし30年前の僕の思いの多くは達成出来たとも考えておりますが、近年に成って今までとは、また違った目的を持った生徒さん達も増えておりまして、ジュエリー CAD と言った新たなるジャンルもレッスンに加わり少し教室の様子も様変わりしましたが、一般の方々がリーズナブルに学ぶ事の出来る場としての教室は可能な限り継続させたいと考えておりますので、今後ともエンジェルリングを宜しくお願いします。

地金

手作りのジュエリーと言っても実際には、様々な道具や工具類を駆使して作られております。つまり彫金を習うと言う事は、道具や工具に慣れ親しみ、それらを自分の手足の様に使えないと思うような作品は作れません。その為には有る一定の期間を修行に当て、ご自分の作りたいモノを作るのでは無く基本的な技術を学べる課題の存在が重要と成りますが、その修行期間での良し悪しが、その後のモノ作り人生に多大なる影響を与えるとも言えますので、覚え始めの我慢と言う一定期間も重要な要素だと僕は思います。

ネットCAD使い

「インターネット CAD 使い」とは、僕の考えた造語ですが、この造語の意味は、ネット上に点在する CAD 関連の動画や解説書を見て、CAD の使い方を覚えた人達の事でして、その行為や情報が存在する事には何の問題も有りませんが、本来ならご自分で見出すべきテクニックやノウハウまでも他者から安直に知らされる事によって、独自で考える癖が付き難く覚えも遅いとのデータも有りますが、提供される情報が断片的で繋がりが希薄な為に一つ一つのテクニックを連動させる応用力に乏しく成るのが欠点だと思えます。

年中無休

教室の開始時間は、朝の9時、昼の1時半、夕方の6時からと成っております。基本的に講師の諸事情による臨時休業以外、年中無休です。

選択肢

無作為に選んだ先入観の無い10人の方々にライノと 3DESIGN の二種類の CAD を実際に使って頂き自分に合うと思えるソフトを選んで頂くと平均して、5人対5人の確率で、自分にとって好ましいと思うソフトが二分される事が実証されました。その事実を踏まえた上で、エンジェルリングでは二種類のソフトを同時に体験して頂き講師達と生徒さんの意見を取り入れて取り組むべきソフトを選択する形に成りました。基本的に 3D CAD の原理は皆同じです。比較的入りやすい 3DESIGN から初めて後にライノに移行される方もおられますが、ライノセラスで挫折された方が、3DESIGN をマスターされた事例も有ります。つまり覚え始めの当初には価格や条件等を考えずに自分に向くと思えるソフトからスタートする事が重要だと思えます。

ナイトクラス

エンジェルリングでは夜間クラスも実施しております。開始時間は基本夕方の6時からですが生徒さんの事情に応じてスタート時間を前後させる事も可能です。

二束のわらじ

好きな事を仕事にするには様々な困難が存在しますが、別の考え方も有りまして、それは安定収入としての本業を確保しながら副業としてモノ作りを楽しみ副収入を得る方法でして、過去にエンジェルリングに参加された生徒さん達の多くが、この方法で活動を継続されております。何事に於いても二束の草鞋には難しい側面も有りますが、例えばサラリーマンや主婦の方でも仕事や家事の合い間を縫ってジュエリーやアクセサリーを作られてまして、セミプロ故の肩の力が抜けた発想やデザインが世間には受け入れられる傾向も有り既に本業をお持ちの方々には最も合理的で比較的に成功しやすい手法です。

『彫金教室エンジェルリングへのリンク』

オグラ

1980年代の4年間、アメリカのジュエリースクールへ留学。日本に帰国後、宝飾品卸、ドメスティックブランド、ジュエリーショップ等で12年間の実務経験を積み、1999年に彫金教室を立ち上げる。その後にジュエリー CAD の探求に取り組み2008年にデジタル技術を用いてジュエリーやシルバーアクセサリーの OEM を請け負う株式会社を共同で起業しました。(^^♪